販促品として利用

小さいおもちゃなどが入っているガチャガチャは、やはり子供人気が高く、現在でも色々なキャラクター商品が世に送り出されています。中にはキャラクターが関係ないオリジナル商品も見られますが、そうした商品も子供人気は根強く、スーパーなどでも販売されているところもあります。そんなガチャガチャですが、中には販促に使う方もおり、様々な商品やサービスを対象にキャンペーンを実施するなど、使い方次第で商品やサービスを大々的にアピールできます。

ガチャガチャを使った販促というと、やはり子供向けのものという印象を思い浮かびがちですが、あくまで中身がおもちゃだったからこその印象なので、中身を替えればさらに色々な人を集められるでしょう。かつては子供だった大人も、懐かしがってガチャガチャに挑戦してくれるかもしれません。中身は専門の仕入れ業者などからも購入できるので、多くの人が集まりそうな中身を考えてみましょう。

販促でガチャガチャを使う際は、対象を絞り込むことも大切です。例えば子供が対象なら、おもちゃを入れたほうが注目度が上がるでしょうが、大人が対象なら、商品券や割引券などのほうが喜ばれるでしょう。割引券などは自分たちで紙を用意すれば作れるので、わざわざガチャガチャ用の景品を探す必要もありえません。販促にかかる費用を少しでも減らしたいという方にもオススメです。

中身を考える

ガチャガチャの中身といえば、どんなものを連想するでしょうか。子供のころだったら、人形などのおもちゃが入っていたという記憶があるかと思いますが、ガチャガチャは販促用の機材として使用されることも多く、専門業者でもレンタルされているなど、幅広い場面で活躍しています。販促に使われる場合、商品を購入したりサービスを利用した方に回してもらい、中身に応じて魅力的なサービスを提供するなどの方法で商品を宣伝します。

ガチャガチャを使った販促では、中身をどうするか良く考えることが重要です。普通のガチャガチャと同様におもちゃを入れるのも、それはそれで魅力的ですし、子供を集めるチャンスにもなるかもしれませんが、それだけでは反則する相手が限定されてしまうので、もっと他の方法でより多くの人に注目してもらいましょう。

ガチャガチャの中身をどうするかは、販促に採用した方のセンス次第です。例えばいくつかの賞に分かれるよう、複数のカプセルを中に入れて、カプセル内に入れられた用紙などで何の賞に当たったかを判断するといった具合に、中身自体はなんでもなくても、そこから付加価値を加えることで、立派な販促品として活躍させることが出来ます。他にも工夫次第で色々な販促品を用意できるので、利用する方が喜びそうな販促品がないか、過去の事例も参考にしつつ考えてみましょう。

販促期間は?

ガチャガチャは子供のおもちゃを販売するための機器として使われていますが、それと同時に販促にも使われています。カプセルの中身をおもちゃなどから割引券などの実用的なものに替えることで、さらに多くの人を呼び込むなど、工夫次第でいろいろな使い方が出来るからと、多くの方が利用しています。販促期間によっては、一からガチャガチャを導入するか、他から用意するか考える必要があるので、予算なども考慮に入れて、適切な形で導入しましょう。

ガチャガチャを導入する際は、レンタルするか購入するかをまず考えましょう。販促期間が短く、数日もあればイベントなども完了するなら、基本的にはレンタルを使用したほうが良いでしょう。数日なら安く導入できますし、回収なども後から済ませてくれるので、設置するだけしてほとんど動きません。もし継続して販促を行ったり、以後恒例のイベントとして採用したいときは、何度もレンタルするより購入したほうが安上がりになるかもしれません。

ガチャガチャは子供から大人まで、誰もが盛り上がる非常に便利な機械ですが、販促に使用する場合は、中身を顧客にとって魅力的なものにしたり、宣伝なども合わせて行ったりと、より効果的にガチャガチャを活躍させる手段を考える必要があります。上手にガチャガチャを使いこなして、メインの商品やサービスを購入したり利用する方をどんどん増やしていきましょう。

ガチャガチャで販促

お店のことを多くの人に知ってもらいたいときや、何か特別なサービスを提供する際は、そのことをアピールするための販促を考える必要があります。ベターなところだと割引券を提供したり、試供品を配ったりといった方法が挙げられますが、少し変化を加えたいときには、ガチャガチャを使うと、ただ販促品を配るよりも魅力的な販促になってくれるでしょう。ガチャガチャはレンタルも行っているので、ためしに使ってみるのもオススメです。

ガチャガチャを使った販促は、中身が見えないガチャガチャをまわして期待感をあおり、中身に一喜一憂するといった具合に、同じ販促品を配ったときよりも、頭に与える刺激が大きく、商品やサービスについての印象もより強く残りやすくなります。そのため販促にガチャガチャを使うケースは非常に多く、割引券やオリジナルグッズなど、アイデア次第でさらに魅力的な販促品を用意できるので、ガチャガチャで提供できる範囲のものを考えてみましょう。

ガチャガチャを使った販促は効果的ですが、中身のアイデア次第で相手に与える印象は大きく変わるので、より多くの人が喜んでくれるような内容を考えましょう。割引券を送るにしても、その中の一部は他の割引券よりも割引率を高くするなど、誰かにもっと良いものが当たるかもという印象を持たせることで、またサービスを利用しようと考える方も出てくるでしょう。そうした楽しみを提供することで、商品やサービスの知名度も上がってくるはずです。